宮城旅行その2~作並

旅行2日目は仙台の奥座敷・作並へ。伝統工芸品のこけしが駅でお出迎えです。

この日、お天気は良かったものの、風が強くて大変でした。

作並駅を通るJR仙山線は強風の影響でかなりの遅れが出ていたほど。

 

最初に向かったのは、ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所。

北海道だと余市町にもニッカの工場がありますが、

そちらにも行ったことがないので、こちらが初体験でした。

 

無料の見学ツアーで工場内を案内していただき、

ウイスキーの醸造過程をお勉強。笑

1ヶ月、5年、10年と熟成期間の異なる樽の香りも

嗅がせてもらいました。

 

広大な敷地は緑に溢れ(公園みたい!)、遠くに見える

山は紅葉が美しく、歩いているだけでも楽しかったです(その風景の写真があればよかったのに…)。

 

ツアー終了後は試飲!

ウイスキーはもちろんですが、感動したのがお水です。

ウイスキー作りで実際に使われている新川川(にっかわがわ)の伏流水だそうで、とっても軟らかくておいしかったです!びっくりしました。

 

そして、、、

記念に、お土産に、、、と理由を付けて買ってしまったのです。

工場でしか買えない原酒。

友人曰く、一口試飲したら私の目の色が変わったとか。笑

 

続いて向かったのは、「ゆづくしの宿 一の坊」、

作並の老舗温泉旅館です。

ここの日帰り入浴プランを利用し、趣の異なる3つの露天風呂を楽しみました。

 

平日の日中ということで、始めのうちは半貸しきり状態!

なんとも贅沢です。

中でも、広瀬川の源流を眺めながら入る「源流露天風呂」はとても心地よく、いつまででも入っていたいほどでした。

久しぶりの温泉だったこともあって、大満足です!

夕飯は「うまい鮨勘」にてお寿司でした(回らない方)。

魚介類は北海道もおいしいですが、こちらもおいしかったです。

初めて食べた金華さばに感激しました!

ボキャブラリーに乏しくて、そのおいしさをうまく表現できなくて悔しいですが、ぜひ一度ご賞味ください。

 

きれいな風景とおいしいものをたくさん味わった一日でした。

    since 2010.09.19