7日目

数年前、まだ大学生だった頃、仙台・石巻に遊びに行ったことがあります。

仙台から石巻に向かうJRが海岸沿いを走る間に車窓から眺めた風景の美しさは、今でも覚えています。

その時に見たであろう景色や通ったであろう道を、このような形でテレビで見ることになるとは、

想像だにしていませんでした。

 あの大地震発生以来、家にいる間はテレビから目を離さずにはいられません。

そして、その衝撃の大きさを言葉で表すことができません。

 

まだまだ寒さが厳しい中、今も避難生活を送っている被災された方々に何と言っていいのか、

正直なところ、言葉が見つかりません。

心からお見舞い申し上げます、テレビを見て心を痛めています、一日も早い復興を願っています等、

どれも本当に心から思うことですが、離れた安全なところにいて、友人・知人も無事だった私が

軽々しく発言するのは、何だか憚られてしまうのです。

 

でも、それでも言いたい。

被災地で大変な思いをされている方々、その方たちを思って辛い気持ちを抱える皆さんが、

少しでも早く穏やかな生活を取り戻せること、事態がよくなることを心の底からお祈りしています。

 

また、現地で活動されている多くの方々にも、本当に頭が下がる思いです。

私にできるのは、募金、無用な買い物をしないといったことしかありませんが、

できることに全力で取り組みたいと思います。

そして、いま抱いている気持ちを忘れないこと。

現在は報道も盛んですが、時間がたてばきっと下火になるはずです。

その時に、いま持っている気持ちまで下火にならない自分でいたいと思います。

 

 

この地震の件でブログを書くのはどうしようか、すごく迷いました。

でも、何日か経って何事もなかったかのように日常の出来事を綴ったり、演奏会の告知をしたりすることはしたくないと思い、パソコンに向かいました。

長くてわかりにくい文になってしまいましたが、何かお察しいただけたら嬉しいです。

 

 

    since 2010.09.19