フランス語…

しばらくブログを放置してしまいました笑

 

さてさて、先日とある演奏会の譜めくりをした際の出来事。

演奏者はお二方とも日本人、そしてここは日本というわけで、

言葉の心配なんて、頭を過ぎりすらしていませんでした。

 ところが、リハーサルが始まり、少し気がかりなことが。

それはお二人の会話での相づち。普段、私たちだったら

「うんうん」や「そうそう」

ですよね。それがどうも

「uh~huh」

と聞こえるのです。確かお二人とも海外生活が長いんだっけ…などと考えていると、

「じゃあ”オー”からね」

と、リハーサルを再開する場所の練習番号が確認されました。

譜めくりの私も当然楽譜を追わなくてはいけないので、目をやり、「O」を探したものの見当たりません。

それどころか、そのページにあるのは「D」「E」「F」。 あれ…もしかして…

(”オー”と聞こえてからこの間2~3秒)

そう、”オー”は「O」ではなくて「E」、すなわちフランス語での発音だったのです!!

 

これは大ピンチです。

私が知っているアルファベットのフランスでの読み方は、

先程の「E:オー」と「H:アッシュ」くらいです。数は1から4までしか自信がありません。

だからといって、こんなことでリハーサルを中断させたくないし…と、頭の中は小さなパニックでした笑

(もちろん、どこを演奏しているかわからなくなって、めくり損ねてしまうよりは、

中断させて伺う方がずっといいのですが)

 

結局、迷惑をかけるようなことはなく、リハーサル・本番とも無事終了。

そうか~、アルファベットの発音と簡単な数くらいはフランス語でもできなきゃだめなのかぁと

自分の教養の乏しさにがっかりしながら帰宅しました。

    since 2010.09.19